代表紹介

株式会社アスカカンパニー

代表取締役 石垣巌

~経歴~

平成 9年「銭形ロックセキュリティー」創立。地域の防犯・防災に携わる。
平成22年 親が創立した「株式会社アスカカンパニー」入社。
従来の好奇心で中国語を独学。単独で中国企業との商売を成立させる。
平成26年 代表取締役に就任。
同年、経済産業省の補助金事業に参加し、公益財団法人応用科学研究所の研究に
携わる。アイデア商品の特許取得等、幅広く活躍している。

著書に「日いづる国よもやま話」「アスを考えるカを呼び覚ます名言100選」など。

~資格~

国家資格:甲種防火管理者、防災管理者、乙種4類危険物取扱者、2種電気工事士。
民間資格:品質管理検定、防災士、剣道2段。

~安心で優しい街づくり~

突然起こる自然災害などの危機的な事態が発生した時、どのようにすべきか。それに備えて平常時にどのような対策を行っておくか。
実際の現場ではどのように備え、行動した方々が、どのような状態になり、どんな事で困ったのか。
出来る限り多く知り、自分の置かれている環境に照らし合わせて想像力を働かせる事で類似の被害を最小限に食い止めることが出来ると考えています。
さらに行政と企業が情報・課題・目標を共有することが出来れば、お互いの長所を活かした相乗効果が期待できます。

~東北地方太平洋沖地震~

公私ともにお付き合いのある宮城県の多くの企業が被災されました。その時、自分の出来ることは無いかと震災後も何度も足を運び、被災された方々の声を数多く聞きました。
以降、石巻市役所はじめ仙台の市議会議員や宮城県の多くの企業と連携を持ち、街づくり・産業・鉄道の復旧にも惜しまず協力しています。

~被災した宮城県の鉄道の運休不能に直面し~

鉄道用特殊車両を取り扱う企業との共同開発に取り組む。
平成26年度「新エネルギーベンチャー技術革新事業」に採択され「ハイブリッド鉄道車両に搭載する鉛蓄電池を精密にセンシングし長寿命化するBMSの開発」を始める。
平成29年度「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」に採択され、「鉛蓄電池」の長寿命化を図りハイブリッド鉄道車両の普及促進に貢献。